ナノアクションDの副作用

ナノアクションDの口コミ・お試し記

MENU

ナノアクションDに副作用が存在しない理由

サントリーの「ナノアクションD」は、大変に評判がよいようですが、育毛剤には薬品の響きがすることから、副作用は大丈夫なのか、心配する方もいるようです。
副作用とはなんでしょう?Wikipediaにはこのようにあります。

 

副作用 (ふくさよう、Side Effect) とは、医薬品の使用に伴って生じた治療目的に沿わない作用全般を指す。

 

そして、そもそも「ナノアクションD」は医薬部外品であって、医薬品ではありません。
「医師の処方なく、どこの誰でも購入して使える」製品ですから、まず求められる条件は「安全」です。「薬にあるような顕著な変化がなく、人体への作用が穏やか」であることが条件ですから、逆に言えば「薬にあるような副作用」は存在し得ないのが理屈です。

 

ただ、そういった辞書的な言葉の意味ではなく、漠然と「望んでいない変化」とか、「不安」といったことを「副作用」と呼ぶのでしたら、まずは、その中身を詳しく知り、不安の種を取り除くことが先決でしょう。

敏感な肌の人でも使える安心の処方

そこで早速、ナノアクションD配合の成分をみてみると、副作用が報告されている成分は特にみあたりません。血行を促進するニンジンエキス、脱毛の原因となる5α-リダクターゼ(還元酵素)の働きを抑えるオウゴンエキス・ヒオウギ抽出液・β-グリチルレチン酸、抗炎症成分のチョウジエキスなど、他の育毛剤にも普通に配合されている成分で、安全度の高い成分として定着しているものばかりです。

 

ナノアクションDには、発毛を促進するセンブリ抽出液、髪のハリ・コシにローマカミツレエキスなどの成分が配合されています。
同時に、副作用の防止にと、ヒノキチオールやクララ根エキスなどの頭皮の健康に保つ成分も入っています。前出のニンジンエキスやチョウジエキスは、抗炎症成分でもあります。

 

ナノアクションDには、約40種類もの天然成分が入っていて、それがPLGAナノ粒子とPCTナノエマルジョンの、「W(ダブル)ナノ浸透」というナノサイズの粒子にまとめ上げられています。
もちろん、自然のものでもアレルギーなどの副作用が起こる可能性は存在します。使っていて、おかしいと思ったら即、使用を中止するのが賢明です。
そこまで重症化せずとも、一般的なシャンプーや育毛剤であっても、軽く赤みやかゆみが出ることは、ありえないことではありません。
これは副作用というものではなく、いわゆる「肌に合わなかった」レベルと言えるでしょう。

購入は通販限定になっています。
1本でも送料無料、定期コースなら10%オフで購入ができます。

販売窓口はこちらクリック
※当サイトとは別なサイトが別なウインドウで開きます。